あおぞらサービサー
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 用語集
  • お問い合わせ

ホーム業務情報業務紹介 > 事業再生業務

このページを印刷する

業務紹介

事業再生業務

事業再生部門では、過大な負債を抱え経営不振に陥った企業のうち、事業の収益性・将来性が認められる企業に対し、事業再生の支援を行っています。

事業再生業務

金融機関と再生ファンド組成 〜 対象先選定

経営不振に陥り正常な金融取引が困難となっている債務者のうち、事業自体の収益性や将来性が認められ、且つ債権者からの金融支援を受けるに相応しいと判断できる債務者を抽出し、当該債務者の再生可能性や再生スキームを金融機関と当社が検討・協議のうえ、再生ファンドを組成し当該債務者を組み入れます。

財務リストラ支援

過大債務問題の解決やキャッシュフローの適正な配分を図るべく、財務構成および資金繰りの是正を支援し、事業計画と連動させながら抜本的な再生を目指します。必要に応じてDDS、会社分割等の手法を取り入れながら債務の適正化を図ります。

事業リストラ支援

再生対象事業の課題や強みを把握した上で新たな事業計画を策定し、当該計画に基づく各施策の実行に移ります。これら一連の作業の中では、対象事業の専門性に応じ各種コンサルタントとの連携を図り、事業デュー・ディリジェンスから計画策定、計画実行期間中のモニタリングまでを協業体制によって行うこともあります。

債権者間の意見調整

債権者が複数に亘る場合、事業計画や資金計画に賛同を得られるよう債権者間の意見調整を行います。必要に応じて中小企業再生支援協議会の協力を得ながら事業計画の補完を図っていくほか、債権者の意向を集中化させる目的で他の債権者から債権を買い取ることも行っています。

再生ファンドのゴール 〜 Exit戦略

事業計画の遂行により事業価値(≒対象債務者の企業価値)が高まる過程において、金融機関等よるリファイナンス、スポンサーによる企業買収や事業譲渡が行われます。これにより当該事業(≒対象債務者)は再スタートを切ることができ、再生ファンドは投資を回収してその役割を終えます。

なお、当社は多数の地域金融機関と提携し、事業再生を目指した「再生ファンド」を組成しており、既に多くの中堅、中小企業がそのファンドから「卒業」し、金融機関との正常取引を復活しております。

関連用語

ページの先頭へ

法務大臣許可番号第22号

Copyright(c) 2007 Aozora Loan Services Co., Ltd. All rights reserved.