あおぞらサービサー
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 用語集
  • お問い合わせ

ホーム業務情報業務紹介 > 債権買取業務

このページを印刷する

業務紹介

債権買取業務

債権買取部門では、金融機関等を訪問し、不良債権処理全般に関わるコンサルティング、様々な提案、債権流動化実務(債権の買取手続き)等を行います。

主なクライアントは地域金融機関、メガバンク、生命保険会社・損害保険会社などの金融機関です。

債権買取業務

金融機関の皆様へ

債権流動化スキーム提案

金融機関等に対し債権流動化のスキーム提案を行います。

貸出資産である債権を金融機関等が債権譲渡(売却)し、オフバランス化することを意味しています。その際、債権譲渡の取扱いに関して様々な債権流動化のスキーム提案を行います。

不良債権の削減提案

社会性・公共性・公益性をよりいっそう求められる金融機関は、資産について健全性を求められます。それらの対応として不稼動資産である長期滞留貸付金等の不良債権処理をアドバイスし、不良債権比率の削減等を提案しています。その際には銀行系サービサーとして、債務者等の立場、金融機関の立場を考慮した不良債権処理対応をご提案させて頂きます。

再生案件への提案

再生案件等の中には金融機関が再生を模索しながら債権譲渡等を進める案件があります。事業内容の見直し、再構築を行い金融機関からの融資による借り換えや事業スポンサーへの事業譲渡、資産譲渡等によって再生を目指します。場合によっては債権譲渡前に、関係者間の調整を図り債権譲渡等を行うケースもあります。それらの対応として再生ファンドの提案、組成、再生ファンドでの債権買取りを行っています。

経営課題案件への提案

金融機関においては要注意先等の健全債権化が経営課題のひとつとなっています。本業以外の過大投資や業界環境の変化により収益力が落ち、要注意先となっている先等について、金融機関及び債務者等の会計上、税務上、及び法務上の問題等に留意しながら、それら要注意先等の健全債権化に向けたベストソリューションを提案しています。

債権価値評価の提示・説明、債権流動化実務

債権評価部門で算定した債権価値評価を金融機関等に提示・説明を行い、売却価格の交渉を行います。 売却価格の合意が整うと債権譲渡の実務(債権買取手続き)を行います。

破産管財人・再生代理人(弁護士)の皆様へ

弊社(サービサー)利用のご案内

破産・民事再生・会社更生又は特別清算手続中で、煩雑なあるいは長期に及ぶ債権回収業務について、弊社にて適正かつスムーズに債権の買取りを行っております。倒産処理の早期終結が可能となります。

関連用語

ページの先頭へ

法務大臣許可番号第22号

Copyright(c) 2007 Aozora Loan Services Co., Ltd. All rights reserved.